蓄尿症状

蓄尿症状は、尿が溜まっていく過程のことです。
その中でいろんな症状が見られます。
男性ならば、前立腺肥大症が疑われます。
前立腺肥大症であれば、頻尿が多く見られます。

就寝してから、夜間に尿意を感じ起きてトイレへ行く回数が1回以上ある場合です。
また、急激に尿がしたくなりトイレまで間に合わずに漏れてしまう症状もあります。
これは過活動膀胱炎です。

尿がまだ溜まっていないのに、膀胱が収縮し尿意を感じさせます。
最近、このような症状が40歳以降にも多く見られるようになっているようです。
60歳以降ともなれば、かなり多くの男女に見られてきます。