夜間頻尿

夜間頻尿といわれるのは夜眠りについてから尿意を感じトイレに、2回以上も行く。
何度も目が覚めてしまい寝不足・不眠症の原因になる。
などと生活に支障をきたすまでの夜中のトイレ回数になると、病気によるサインかもしれません。

寝る前にたくさんの水分を飲んだり
アルコールをたくさん飲んでいたりする場合は
別として、頻繁に夜中にトイレへ行く人は
過活動膀胱炎や前立腺肥大などの
症状が考えられます。

40代以降から夜間に頻繁にトイレへ行くようになった
という人も多くなってきています。
年齢が高齢になるほどにそれは感じることです。
女性の場合は、骨盤のゆるみからくる
症状とも考えられます。