夜中にトイレに行く回数が増えたのは何故?

夜中にトイレへ行きたくなる、夜間排尿は
年齢とともに、回数が増えていきます。

健康法として、寝る前にたくさんの水分を
とることがいいという、健康法もあるようですが
特別寝る前に水分をとる必要はありません。
余分にとった水分は、尿となるだけです。
原因のひとつに、膀胱容量の減少があります。
脳から分泌される物質によって、
眠りにつくと、朝までトイレにいかなくて
済むように尿量も減って膀胱も大きくなります。
しかし、加齢とともに分泌される物質のリズムが
狂ってきてしまい夜間排尿回数が増えます。
また、何らかの病気の前兆も
考えられるので見逃さないように、きちんとした
検査が必要となります。